テーマ/東日本大震災・原子力災害から10 年。記録と記憶を後世へ テーマ/東日本大震災・原子力災害から10 年。記録と記憶を後世へ

メインイベント

活動報告やトークセッション(3部)、ふたば未来学園高等学校による演劇などを行います。

開催

令和3年3月6日(土)
10:00-15:30

開催

40名
(事前申込、先着順)

申込締切

令和3年3月5日(金)

会場

伝承館1階研修室、
1階 プロローグシアター

・YouTubeでのオンライン配信を行います。
・現地での聴講を希望される場合は、事前申し込み制となりますのでこちらよりお申し込みください。

10:00-10:05 イベント主催者挨拶

東日本大震災・原子力災害伝承館 館長 高村昇

10:05-10:45 基調講演

「福島県における東日本大震災・原子力災害伝承館の意義と役割」

福島大学共生システム理工学類 特任教授 小沢喜仁氏

10:45-12:00 活動報告とトークセッション(第一部)

「震災の記録と記憶を後世に引き継ぐ1」

大熊町教育総務課 喜浦遊氏
NPO法人富岡町3.11を語る会 代表 青木淑子氏
東日本大震災・原子力災害伝承館 事業課課長代理(学芸員) 瀬戸真之
<モデレーター>福島大学環境放射能研究所 所長兼教授 難波謙二氏

13:00-13:45 ふたば未来学園高等学校による演劇

会場:1階プロローグシアター

13:45-14:30 活動報告とトークセッション(第二部)

「震災の記録と記憶を後世に引き継ぐ2」

福島民報社いわき支社長・浜通り創生局長 鞍田炎氏
福島民友新聞社 編集局長 小野広司氏
福島県企画調整部文化スポーツ局 局長 野地誠氏
<モデレーター>福島大学環境放射能研究所 所長兼教授 難波謙二氏

14:45-15:30 トークセッション(第三部)【オンライン開催】

「岩⼿、広島、⻑崎と福島をつなぐ」

東日本大震災津波伝承館(岩手県) 副館長 熊谷正則氏
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 館長 黒川智夫氏
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 館長 久保雅之氏
<モデレーター>東日本大震災・原子力災害伝承館 副館長 小林孝

基調講演・トークセッションは
事前申し込み制となります。

基調講演・トークセッション
お申し込み

特別講演

震災当日の記憶や記録、研究してきた成果を発表いたします。

開催

令和3年3月3日(水)・7日(日)・13日(土)・14日(日)

定員

各40名
(事前申込、先着順)

会場

伝承館1階研修室

・現地での聴講を希望される場合は、事前申し込み制となりますのでこちらよりお申し込みください。

A 被災町村首長経験者
3名による口演

  • 令和3年3月3日(水)
    13:30-14:30
    松本允秀
    前葛尾村長
  • 令和3年3月7日(日)
    13:30-14:30
    渡辺利綱
    前大熊町長
  • 令和3年3月14日(日)
    13:00-14:15
    菅野典雄
    前飯舘村長

B 東日本大震災・原子力災害伝承館 研究成果発表会

令和3年3月13日(土)13:30-15:30

  • 伝承館 館⻑
    高村 昇

  • 伝承館 上級研究員
    安田 仲宏

  • 伝承館 上級研究員
    関谷 直也

  • 伝承館 上級研究員
    開沼 博

特別講演は
事前申し込み制となります。

特別講演お申し込み

3月10日・11日追悼イベント 3月10日・11日追悼イベント

鎮魂と復興を願う大凧あげ、キャンドルナイト、ピアノ生演奏 など

開催

令和3年3月10日(水) 14:30-15:30 大凧あげ
17:00-20:00 キャンドルナイト

令和3年3月11日(木) 17:00-20:00 キャンドルナイト
17:30- ピアノ生演奏
添⽥哲平⽒、星美南⼦⽒
(両名浪江町出⾝)

※大凧あげ、キャンドルナイトは福島県相双地方振興局及び一般社団法人 LOVE FOR NIPPONとの共催です。

会場

伝承館アーカイブ広場、伝承館内

伝承館HP TOPへ戻る